So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

石橋委員の紹介(2) [メンバー紹介]

 

2011年の4月に、偶然出会った発達障害の当事者さんと、自助グループを始めることになりました。

 

たった2人からのスタートでしたが、毎月1回会って話をすることが、とても楽しかったのを覚えています。

 

今まで、親にも兄弟にも理解してもらえなかった「生きずらさ」を、共感してもらえたからです。

 

発達障害は、外見上、健常者と違いが判ってもらえないことが多く、

発達障害の特性を説明しても、ま ともに理解してもらえる人は、ほとんどいません。

 

よく言われるセリフとして、

 

「そんなの誰にでもあることだよ」

 

「なんでも病気のせいにするな」

 

「障害があるように見えないね」などです。

  

自助グループで共感を得たことは、私にとって大きな力になりました。

「あぁ、悩んでいたのは私だけではなかったんだ」と。

 

いろんなことを試してきましたが、どれも効果がありませんでした。

でも、自助グループに参加することで、私の人生は大きく改善することになりました。

 

その理由として、

1、他者からの共感によるメンタルの安定

 

2、いろんな人に事例を見聞きすることで、失敗パターンを学習できる。

 

3、自分の失敗例を話すことで、アドバイスがもらえ、自己理解が深まる。

 

4、行政や福祉サービス、医療機関、書籍等の情報交換ができる。

 

5、コミュニケーションの練習の場 

 

その後、参加者はどんどん増えて、設立から8年。

 

現在は12個のグループに分化して活動しています。

参加者はのべ年間1000人以上。

それぞれのグループは10人程度の集まりで、グループごとにリーダーさんが運営してくれています。

  

発達障害に関する講演を依頼されることも多くなってきました。

・医療従事者向け

・教員向け

・親御さん向け

・福祉事業所の職員向け、利用者向け

・電話相談所のボランティアさん向け

・生涯学習の一環として

 

 発達障害を持つ人は、全人口の5%程度を言われています。

今、社会は発達障害の人を捨て置けない状況になっていると感じています。

 

これからは、「情報発信できる発達障害当事者」として、活動していきたいと考えています。

 

いつの日か、障害を持つ人が当たり前に暮らしていける世の中になることを目指して。

 

石橋尋志



nice!(0)  コメント(0) 

石橋委員の紹介(1) [メンバー紹介]

石橋尋志(ひろし)です。

発達障害(ADHD)の当事者です。


現在38歳の会社員で、泉北の工務店で営業職をしています。


27歳の時にADHDの診断を受けました。
ADHD
とは「多動性注意欠陥症」という障害です。
脳内の神経伝達物質の異常(過剰)分泌により、極端な衝動性や不注意を引き起こします。
原因は、マイクロRNA484という遺伝子の異常だと言われていますが 、治療法は確立されていません。


みなさんも小学生の時、クラスに一人はいませんでしたか?
お調子者で、いつもガサガサ動いて、やかましい子(笑
それです。


確かな統計ではないですが、全人口の4.5%ほどが該当するといわれています。

私は社会人になるまで、自分が発達障害であることに気づかずに生きてきました。
今になって母に聞くと、私が20歳くらいの時、ADHDではないかと薄々感じていたようです。

私自身は診断を受けようと思うまで、特段困りごとなく過ごしてきました。
しかし振り返って思い出してみると、周囲の人には随分と迷惑をかけてきたなと思います。

 

具体的には、

IQは正常なのに、アナログの時計を小学5年生まで読めなかった。

・授業をジッと聞いてられずに教室を飛び出し、そのまま帰宅すること多数。

・刺激を求めて、建物の三階から飛び降りて大ケガ。

・同じく刺激を求めて、裏山で火遊びをしてボヤを起こし補導されたり。

・普段は温厚だが、ひとたび感情的になると極端に暴力的になる。

・皮膚感触に過敏があり、中学生になるまで冬も半そで半ズボンで過ごした。

・空気が読めない。

・朝の起床が遅く、頻繁に遅刻していた。

・短期記憶が弱く、約束事や予定を頻繁に忘れる。

・宿題は一切しない、というか忘れている。

・忘れ物が極端に多い。帽子、カギ、財布、提出物などなど。

・マルチタスクが苦手で、別の事に 気を取られると、もともとやっていたことを忘れてしまう。

列挙するとキリがないのですが、これらの頻度が限度をこえて多いので、社会生活に支障をきたす人もいます。
 

発達障害全般の特徴を分かりやすく挙げると、

1、不文律や暗黙の了解などが理解しにくい

2、出来ることと出来ないことに、大きな差がある。

3、得意分野は人並み以上の能力を発揮するが、苦手分野を習得するためには5倍上の労力と時間がかかる。

4、いわゆる世間の常識を理解していないことが多い。

5、結果として社会性が実年齢より2割ほど低い。(=幼い) 

 

そんな私も大学卒業後、社会人になり、困りごとを自覚する ようになります。

営業成績は抜群なのですが、事務作業でミスを頻発。

交通違反や見積り金額の誤り、予定のダブルブッキングなどなど。

社会人として最低限のことが出来ないので総合評価は極めて低く、会社に損害を与えることもあり、職業を転々としました。

現在の建設会社に就職して、ようやく平穏な生活が送れるようになりました。


発達障害はまだまだ認知度が低いので、本人も家族も、周囲の人も、特性に気づかずに過ごしていることがほとんどです。


運よく環境に恵まれて社会適応できている人もいますが、その特性ゆえに「生きにくさ」をかかえている人がたくさんいます。

 

これらの状況をすこしでも改善するため、私は8年前から発達障害の自助グループを設立して運営しています。

 

発達障害の当事者やその家族が集まり、毎月1回、近況報告をしあう茶話会を開催するのですが、これには劇的に効果がありました。

 

これについては次回に。



三河安城市の皆さんとの交流会、そして新年会 [イベント]

2017年1月25日

 本日は年明け最初の定例会で、新たな気持ちでこれまでの当事者部会の活動について振り返り、次なる展開を考える素材をみんなで共有することからスタートです。9年の当事者部会の歴史は着実に堺市の障害者施策や取り組みに浸透していると思うのですが、なかなかそれが見えにくいのも事実で、ブログの他にも情報発信の方法も考えなければいけないと感じます。

そして、視察に来られていた三河安城市の皆さんと交流会。とにかく当事者部会を始めてみることが大切だということを委員みんなの気持ちとしてお伝えさせていただきました。

IMG_1855.JPG 

IMG_1856.JPG 

その後、堺市役所本館地下1階にあるレストラン「森のキッチン」に場所を移しての新年会開催です。バリアフリーな店内でおしゃれでヘルシーな料理をいただきながら、話に花が咲きました。

DSC_0319.JPG 

DSC_0322.JPG 


奈佐委員の自己紹介 [メンバー紹介]

みなさん初めまして

 

昨年の10月より当事者委員会の委員になりました車いすダンサーの奈佐誠司です。なさっちと呼んでください。

 

僕は18歳の時にバイクの事故で車いす生活になり今年で30年。

 

振り返るとあっという間でしたけれど正直一瞬の事故でその後人生が180度変わってしまった時は絶望しかなく、健常者っていう生活から障がい者って言う生活に慣れるまでにはかなり時間がかかったと思います。

 

受け入れられない心と体。そして社会の環境。すべてがバリアになり自分自身も心にバリアを張って生きていた気がします。何よりも社会のバリアは今でもあまり変わらないなーとも思っています。


いろんな壁を乗り越えれなく死んだほうがましだーと考えることも何度もありました。


周りの中途障がいの人ってみんな同じようなことを経験して考えるようですね。

 

10年くらいはいろんな悩みを持ちながらようやく20代後半に出会った車いすダンスが僕の人生を変えました。


当時は全国でみてもほとんど知られていないしやっている人も数えるほどでした。


でもヨーロッパを中心にダンス一つにしても、「踊れる」「学べる」「競えあえる」「楽しめる」などの社会環境がある事を知り、日本で遣りたい、広めたい、当たり前にしたいと思い、ダンスを通して心のバリアフリーな社会を表現したいと普及活動を始めました。全国各地に行って講演会をしたり、イベントで踊ったり、時に路上でパフフォーマンスを遣ったりしました。

 

その中でも車いすダンスの競技では世界選手権にも3度出場したり、海外にも行きました。

 

そして今では女優の杉本彩さんとペアで踊ったりさせてもらってます。


やはりダンスを通して心のバリアフリーを考えて頂ける様、表現をして踊っています。

 

ダンスは僕にとって人生そのものです。


48歳になった今一つ目標ができました。それは2020年の東京パラリンピックの開会式で世界に発信できるダンスを踊る事です。

 

頑張りますので応援よろしくお願いします。

 

そしてまた、堺市の当事者部会委員になれた事では障がい者スポーツを通しての経験や、30年という車いす生活から経験した事を活かして地域のバリアフリー活動をより具体的に形になる様な取り組みを考えていきたいと思っています。

 

奈佐委員のHP 

http://nasa.myeki.net/pro.html

 

動画
https://www.youtube.com/watch?v=fQ_2snXGEGk

 


石川県白山市街づくり推進協議会との交流会 [イベント]

2016年10月29日

 

本日は、堺市立健康福祉プラザで石川県白山市街づくり推進協議会の皆さんと交流会を行いました。

白山市は、「障害のある人とない人が共に生きる社会を目指し、住んで良かったと思える街づくり」を推進されています。交流会では、障害当事者の会議への参加活動について話し合われ、私たちも当事者部会に参加した動機などをお伝えしました。当事者の意見が反映される会議が全国にもっと増えてくれれば良いなと思います。

 

白山市1.JPG 

 

白山市2.jpg 

 

 


10/26 当事者交流会 [イベント]

2016年10月26日

本日は、恒例の当事者交流会を開催しました。多くの障害当事者が参加され、テーマである「ヘルパー」と「防災」について熱い議論が交わされました。ヘルパーについては、すでに生活を支えてもらっている人もいれば、まだ来てはもらっていないけどいずれ利用したいという方もおられ、満足している方と不満に感じている方、期待している方と人材不足から来る不安を訴える方など、さまざまな気持ちが入り交じっていました。その一方、防災については不安感はあるものの現実味がない方が多かったように思いました。ただ、それでも避難訓練や日々の備えは大事だねという共通した意見を共有できたように思います。そのような中で、ある聴覚障害のある方が「被災地にボランティアに行っていた」という話をされ、なるほど障害があってもそのような場で何かできることもあるのではないかと感じ入る交流会になりました。

IMG_1672.JPG 

IMG_1673.JPG 

IMG_1674.JPG 

IMG_1676.JPG 

 

 


茨木市障害者地域自立支援協議会当事者部会との交流会 [イベント]

2016年9月28日

 本日は定例会議の後、見学に来られていた茨木市障害者地域自立支援協議会当事者部会の皆さんとの交流会を行いました。茨木市の当事者部会は昨年4月に設置され、2年目の活動中。今日の定例会議を自分たちに照らして見学していただけたのではないかなと思います。その一方で私たちも当事者部会ができたときの熱い気持ちとか思いなどを思い出す良い機会となりました。お互いにより良い当事者部会を作っていきたいですね。

茨木市交流会.JPG 


10/26 当事者交流会のご案内

2016年9月2日

 10/26 当事者交流会のご案内

当事者部会からのお知らせです。

10/26に当事者交流会をやります!

 

今年度のテーマは「ヘルパーと防災のこと話しませんか?」です。

防災は今年度の協議会全体でも大きなテーマとしてとりあげています。

協議会は支援者たちだけで考えるのではなく、当事者の方も一緒に考えること、声を聴くことを大事にしています。

毎年多くの方に来てもらっています。ぜひお気軽にご参加ください!!

 

締め切りは10/14(金)です。

詳しくは下記チラシをご覧ください。

H28当事者交流会チラシ【pdf】

H28当事者交流会チラシ【ワード】

 kouryuukai01.jpgkouryuukai2.jpg 


2016夏暑気払い [イベント]

2016年7月27日
 
 久々のブログ更新となりますが、当事者部会はますます元気に活動しています。2016年度は丸野委員が新部会長 となり、10月に開催予定の交流会の企画等についての検討を進めています。昨年来部会でも話題となっているヘルパー問題と熊本地震でさらに浮き彫りになった防災の課題について交流会ではみんなで話し合いたいという方向でまとまりそうです。
 
ともかくこの夏の猛暑に立ち向かうために今年も食事会を開催しました。無事に夏を乗り切りましょう。
 
IMG_1436.JPG 
IMG_1439.JPG 
IMG_1440.JPG 
IMG_1444.JPG IMG_1446.JPG

今年最後の当事者部会 [イベント]

2015年12月22日

 本日は今年最後の定例会。特にテーマを決めずフリートークとなりましたが、委員の一人から深刻なヘルパー不足についての話題が出されました。300件の事業所にあたっても夜の介護を受けてくれる事業所がなかったという現実から、慢性的なヘルパー不足の問題のみならず、事業所の運営のあり方とそれを監督する自治体や国の問題までさかのぼり、来年も当事者部会として取り組まなければならない課題だと感じました。地域移行も自立生活もまずヘルパーありきであることを再認識した年の瀬となりました。

そして年末恒例忘年会は、堺東駅地下の「しゃぶ扇」にて行われました。よく食べよく飲んで来年に向けての英気をやしないました。良いお年を・・・。

 20151222-4.jPG

20151222-3.JPG

20151222-2.JPG

20151222-1.JPG 


前の10件 | -