So-net無料ブログ作成
メンバー紹介 ブログトップ

石橋委員の紹介(2) [メンバー紹介]

 

2011年の4月に、偶然出会った発達障害の当事者さんと、自助グループを始めることになりました。

 

たった2人からのスタートでしたが、毎月1回会って話をすることが、とても楽しかったのを覚えています。

 

今まで、親にも兄弟にも理解してもらえなかった「生きずらさ」を、共感してもらえたからです。

 

発達障害は、外見上、健常者と違いが判ってもらえないことが多く、

発達障害の特性を説明しても、ま ともに理解してもらえる人は、ほとんどいません。

 

よく言われるセリフとして、

 

「そんなの誰にでもあることだよ」

 

「なんでも病気のせいにするな」

 

「障害があるように見えないね」などです。

  

自助グループで共感を得たことは、私にとって大きな力になりました。

「あぁ、悩んでいたのは私だけではなかったんだ」と。

 

いろんなことを試してきましたが、どれも効果がありませんでした。

でも、自助グループに参加することで、私の人生は大きく改善することになりました。

 

その理由として、

1、他者からの共感によるメンタルの安定

 

2、いろんな人に事例を見聞きすることで、失敗パターンを学習できる。

 

3、自分の失敗例を話すことで、アドバイスがもらえ、自己理解が深まる。

 

4、行政や福祉サービス、医療機関、書籍等の情報交換ができる。

 

5、コミュニケーションの練習の場 

 

その後、参加者はどんどん増えて、設立から8年。

 

現在は12個のグループに分化して活動しています。

参加者はのべ年間1000人以上。

それぞれのグループは10人程度の集まりで、グループごとにリーダーさんが運営してくれています。

  

発達障害に関する講演を依頼されることも多くなってきました。

・医療従事者向け

・教員向け

・親御さん向け

・福祉事業所の職員向け、利用者向け

・電話相談所のボランティアさん向け

・生涯学習の一環として

 

 発達障害を持つ人は、全人口の5%程度を言われています。

今、社会は発達障害の人を捨て置けない状況になっていると感じています。

 

これからは、「情報発信できる発達障害当事者」として、活動していきたいと考えています。

 

いつの日か、障害を持つ人が当たり前に暮らしていける世の中になることを目指して。

 

石橋尋志



nice!(0)  コメント(0) 

石橋委員の紹介(1) [メンバー紹介]

石橋尋志(ひろし)です。

発達障害(ADHD)の当事者です。


現在38歳の会社員で、泉北の工務店で営業職をしています。


27歳の時にADHDの診断を受けました。
ADHD
とは「多動性注意欠陥症」という障害です。
脳内の神経伝達物質の異常(過剰)分泌により、極端な衝動性や不注意を引き起こします。
原因は、マイクロRNA484という遺伝子の異常だと言われていますが 、治療法は確立されていません。


みなさんも小学生の時、クラスに一人はいませんでしたか?
お調子者で、いつもガサガサ動いて、やかましい子(笑
それです。


確かな統計ではないですが、全人口の4.5%ほどが該当するといわれています。

私は社会人になるまで、自分が発達障害であることに気づかずに生きてきました。
今になって母に聞くと、私が20歳くらいの時、ADHDではないかと薄々感じていたようです。

私自身は診断を受けようと思うまで、特段困りごとなく過ごしてきました。
しかし振り返って思い出してみると、周囲の人には随分と迷惑をかけてきたなと思います。

 

具体的には、

IQは正常なのに、アナログの時計を小学5年生まで読めなかった。

・授業をジッと聞いてられずに教室を飛び出し、そのまま帰宅すること多数。

・刺激を求めて、建物の三階から飛び降りて大ケガ。

・同じく刺激を求めて、裏山で火遊びをしてボヤを起こし補導されたり。

・普段は温厚だが、ひとたび感情的になると極端に暴力的になる。

・皮膚感触に過敏があり、中学生になるまで冬も半そで半ズボンで過ごした。

・空気が読めない。

・朝の起床が遅く、頻繁に遅刻していた。

・短期記憶が弱く、約束事や予定を頻繁に忘れる。

・宿題は一切しない、というか忘れている。

・忘れ物が極端に多い。帽子、カギ、財布、提出物などなど。

・マルチタスクが苦手で、別の事に 気を取られると、もともとやっていたことを忘れてしまう。

列挙するとキリがないのですが、これらの頻度が限度をこえて多いので、社会生活に支障をきたす人もいます。
 

発達障害全般の特徴を分かりやすく挙げると、

1、不文律や暗黙の了解などが理解しにくい

2、出来ることと出来ないことに、大きな差がある。

3、得意分野は人並み以上の能力を発揮するが、苦手分野を習得するためには5倍上の労力と時間がかかる。

4、いわゆる世間の常識を理解していないことが多い。

5、結果として社会性が実年齢より2割ほど低い。(=幼い) 

 

そんな私も大学卒業後、社会人になり、困りごとを自覚する ようになります。

営業成績は抜群なのですが、事務作業でミスを頻発。

交通違反や見積り金額の誤り、予定のダブルブッキングなどなど。

社会人として最低限のことが出来ないので総合評価は極めて低く、会社に損害を与えることもあり、職業を転々としました。

現在の建設会社に就職して、ようやく平穏な生活が送れるようになりました。


発達障害はまだまだ認知度が低いので、本人も家族も、周囲の人も、特性に気づかずに過ごしていることがほとんどです。


運よく環境に恵まれて社会適応できている人もいますが、その特性ゆえに「生きにくさ」をかかえている人がたくさんいます。

 

これらの状況をすこしでも改善するため、私は8年前から発達障害の自助グループを設立して運営しています。

 

発達障害の当事者やその家族が集まり、毎月1回、近況報告をしあう茶話会を開催するのですが、これには劇的に効果がありました。

 

これについては次回に。



奈佐委員の自己紹介 [メンバー紹介]

みなさん初めまして

 

昨年の10月より当事者委員会の委員になりました車いすダンサーの奈佐誠司です。なさっちと呼んでください。

 

僕は18歳の時にバイクの事故で車いす生活になり今年で30年。

 

振り返るとあっという間でしたけれど正直一瞬の事故でその後人生が180度変わってしまった時は絶望しかなく、健常者っていう生活から障がい者って言う生活に慣れるまでにはかなり時間がかかったと思います。

 

受け入れられない心と体。そして社会の環境。すべてがバリアになり自分自身も心にバリアを張って生きていた気がします。何よりも社会のバリアは今でもあまり変わらないなーとも思っています。


いろんな壁を乗り越えれなく死んだほうがましだーと考えることも何度もありました。


周りの中途障がいの人ってみんな同じようなことを経験して考えるようですね。

 

10年くらいはいろんな悩みを持ちながらようやく20代後半に出会った車いすダンスが僕の人生を変えました。


当時は全国でみてもほとんど知られていないしやっている人も数えるほどでした。


でもヨーロッパを中心にダンス一つにしても、「踊れる」「学べる」「競えあえる」「楽しめる」などの社会環境がある事を知り、日本で遣りたい、広めたい、当たり前にしたいと思い、ダンスを通して心のバリアフリーな社会を表現したいと普及活動を始めました。全国各地に行って講演会をしたり、イベントで踊ったり、時に路上でパフフォーマンスを遣ったりしました。

 

その中でも車いすダンスの競技では世界選手権にも3度出場したり、海外にも行きました。

 

そして今では女優の杉本彩さんとペアで踊ったりさせてもらってます。


やはりダンスを通して心のバリアフリーを考えて頂ける様、表現をして踊っています。

 

ダンスは僕にとって人生そのものです。


48歳になった今一つ目標ができました。それは2020年の東京パラリンピックの開会式で世界に発信できるダンスを踊る事です。

 

頑張りますので応援よろしくお願いします。

 

そしてまた、堺市の当事者部会委員になれた事では障がい者スポーツを通しての経験や、30年という車いす生活から経験した事を活かして地域のバリアフリー活動をより具体的に形になる様な取り組みを考えていきたいと思っています。

 

奈佐委員のHP 

http://nasa.myeki.net/pro.html

 

動画
https://www.youtube.com/watch?v=fQ_2snXGEGk

 


部会メンバー自己紹介 〜梅田さん〜 [メンバー紹介]

梅田さんの紹介

[かわいい]当事者部会に応募した動機

ーこれまで、精神障害者の当事者の会などでリーダーをやってきて勉強になった。でも、他の障害者の人たちはどないか、と思って当事者部会で勉強しようと応募しました。

[かわいい]実際に当事者部会に入って思ったこと

ー知的障害とか、身体障害とか、最初はわからんなあって思ったけど、話を聞いてみたら「思っていること、一緒やなあ」ってわかった。障害がちがっても、これなら一緒にいろんなことできるわ、って嬉しかったわ。
同じこと考えてるんやってわかると、このメンバーのこと「ええなあ」って思えてきて・・・・しばらく会えんと寂しくなるわ(笑)

[かわいい]自分の障害のこと

ー25才で発病して、あちこちの精神病院に入院した。いろいろあったなあ。いまは、精神の病気以外にも身体の方もあるから、結構しんどいこともある。でも、みんながんばっているからな、それにやりたいこともあるしな。

[かわいい]これからやりたいこと

ー他の自立支援協議会にも当事者部会があると思ってたから、なんで自分ら、堺からあちこち呼ばれて話すんかな?って思っとった。だめや。当事者入れんと話し合いしても。
しょうがないからもうしばらくPRのために行くしかないわ。
北海道でも沖縄でも行きますので、呼んでください。

[かわいい]今、思っていること

ー内緒やけど(笑)、もうすぐ70才になるねん。介護保険の対象になっているらしい。
詳しくわからんけど、障害があって年がいった人のこと、ちゃんとせなあかん。
それから、まだずーっと精神科病院におる人、いっぱいいる。自分も、退院して地域で暮らせてよかったなって思っているから、「早く出てきて、一緒に当事者部会でもやろうや」って言いたい。なんとかせな。

[かわいい]最後に・・・

ー当事者部会で知的の人や身体の人、難病の人に出会わなかったら、わからんこといっぱいあったと思っている。
障害が違っても、みんな必死に生きてるんや!ってわかったから、本当に勉強になりました。
うまいこと言葉が出てこないけど、この出会いは大事やって言いたいです。

DCIM0435.JPG




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

部会メンバー自己紹介 〜白石さん〜 [メンバー紹介]

DCIM0437.JPG


[かわいい]当事者部会に入って

部会には、バリアフリーを進めたい!と思って応募しました。
当事者部会に入ったら、いろいろな障害の方がおられ、最初の1年はその人たちの自分史を聴いたりしていました。
2年目に、その中で出た問題とかを話していました。
最初の動機はバリアフリーだったんですけど、ヘルパーのこととかケアホーム、グループホームのこととかいろいろな問題が話され、だんだんそういうことも大事かな、という思いになってきました。

[かわいい]いろいろな研修に参加して

当事者部会が企画したいろいろな研修に、講師として参加するようになりました。
ケアホーム・グループホームスタッフ研修会、ヘルパー研修会、ケアホーム・グループホーム入居者交流会などです。
そこで重要なことがわかりました。
それは(スタッフやヘルパーさん、そして入居者のひとたちの)「横のつながりができていない」ことです。
この問題が重要なのかなと思っています。
研修はこれからも続けていかないけないのかなと思っています。
研修の仕方もいろいろあるんですけど、それは話し合いながら考えていきたいと思います。

[かわいい]抱負は・・・

もちろんバリアフリーのこともこれからずっと話していきたいと考えています。
障害者同士の交流の中で、いろいろな生活のしづらさが話されると思うんですけど、それを一個づつ、みんなで話し合いながら解決できたらなと考えています。
そして、障害者も健常者も一緒に住める世の中を作っていきたいなって考えています。

これからもよろしくお願いします!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

部会メンバー自己紹介 〜とらださん〜 [メンバー紹介]

DCIM0439.JPG



[るんるん]自己紹介

乕田明宏(とらだあきひろ)、多少若く見えますが55歳の一児を持つ父親です。
幼い時から施設生活を経験し、25歳くらいから在宅に戻り、そこから自立に向けての活動を開始しました。
その後、自身の自立生活作りと並行して、地域で障害者の権利の確立と自立生活の問題に取り組む脳性麻痺者の団体で活動してきました。
そこの活動を経て、今は主に知的障害の方の生活サポートをする「社会福祉法人サライ福祉会」で理事長として活動させてもらっています。
若い時は意外とアウトドア派で海外もいろいろと行かせてもらいましたが、けど、今はすっかりインドア派に転向してしまいました・・・。

現在の信条は、「子供の成長を見ていくためにも、無理せず夜は出歩かないこと!」
自身の障害を思えば、過分な人生を与えてもらい、そういう意味では感謝の日々ですが、反面、世の中には、まだまだ障害当事者にとって理不尽なこと多いので、可能な限りはそれと戦い、あるべきかたちの追及の思いは持ち続けたいと思っています。
 
[揺れるハート]当事者部会に参加してみて

去年の4月から参加させてもらっていますが、僕自身、まだまだ委員の個々の人達の状況の把握も充分とは言えないなって思っているところです。

いろんな障害の人が集まる会議には、これまでも多く参加し、以前、堺市の第一次長期計画策定委員の一人として参加させてもらっていましたが、障害によってはかかえる課題も各々に違う部分も多く、そうした調整が上手くできなければ、結局のところ、障害当事者の手によって改革の歩みを止めてしまうことは少なからずあり、これまでもそうしたジレンマを感じてきたこともありました。
この当事者部会の印象は、けっこうのんびりムードで進行されているので、あまりピリピリ感がなくていいと思っています。
これから個々の委員の皆さんの事をもっと知り、良き関係の中で自分なりの主張がしていければと思っているところです。
 
[晴れ]今後への思い

現在の状況を見れば、自分が自立を始めた頃に比べればずいぶんと社会制度も整ってきたなと思います。
一定のヘルパー制度や障害者が通う場や働く場が確保され、街にはスロープやエレベーターも多く見かけるようになりました。
反面、先頃の「南海電鉄無人駅化問題」のように、インフラの整備を免罪符に合理化を進める動きが起こってくる等、それまでは「分かりやすい障害者問題」だったものが、一見改善されたように見えても、結局はかえって後退するような「分かり難い障害者問題」へと変わってきているように思います。

こうした流れに抗していくためにも、私達、障害当事者が表面的な事象に惑わされることなく、差別の本質的な部分から起こる問題をより掘り起こせる力を養い、粘り強く皆で取り組めたらと思っています。

メンバー紹介 ブログトップ